優待クロス取引 制度信用クロス取引

制度信用によるクロス取引の始め方!株の注文方法をマスターしよう

投稿日:

スポンサードリンク




※当記事は、2つの記事に分けて「制度信用によるクロス取引」の全手順を解説しています。

制度信用クロス取引の全手順

 

制度信用のクロス取引の取引方法について、全体の流れは以下の通りです。

~To Do リスト~

【権利付き最終日前にやること】

  1. 株価と必要株数を調べて、必要な金額を入金する
  2. 株を信用売りで注文する
  3. 2で注文したのと同数の株数を、信用買いで注文する
  4. 信用買いが約定後、信用買いを現物買いに変更する(→現引)

【権利付き最終日の夜にやること】

  1. 信用売りを現渡する

まずはじめに、入金から売買の注文方法について確認していきましょう。

1.株価と必要株数を調べて、必要な金額を入金する

まず、取引に必要な資金を入金しなければ、取引をすることができません。

そこで、取引に必要な金額を調べて、入金手続きを行っていきましょう。

株主優待をもらうために必要な株数を知る

株主優待をもらうために必要な株数は、各企業のホームページのIR情報メニューから確認することができます。

銘柄検索画面で株価を検索する

銘柄検索のメニューから、簡単に株価を検索することができます。

銘柄名を入力して、検索マークのボタンを押すと、検索結果がでてきます。

【画像1-①:銘柄の検索】

GMOクリック証券 クロス取引方法

検索で出てきた銘柄は一件だけですね。

銘柄名をクリックすると、下の画面のように注文画面や銘柄情報を確認できる画面が表示されます。

 

【画像1-②:株価情報の検索】

GMOクリック証券 クロス取引方法GMOクリック証券 クロス取引方法

「注文」「銘柄情報」「板情報」「チャート」「ニュース」のうち、適当なボタンを押して株価を確認します。

 

【画像1-③:株価の確認】

GMOクリック証券 クロス取引方法GMOクリック証券 クロス取引方法

銘柄名の近くに太字で記載されている、数字が株価です。株の取引には手数料がかかるので、株価×株数よりも少し多めの額を入金しておきます。

今回の場合は、株価2,650円で100株を注文したいので、必要な投資額は、25万6千円(2,650円×100株)ですね。少し多めに、28万くらい入金しておくと良いでしょう。

入金する

銀行口座から証券口座に取引に必要な金額を入金していきます。

【画像1-④:即時入金を行う】

GMOクリック証券 クロス取引方法GMOクリック証券 クロス取引方法

ホーム画面の左下に「即時入金」ボタンがあります。

このボタンから、銀行口座から証券口座に必要額を入金する手続きを行うことができます。

 

【画像1-⑤:出金する銀行・出金額の指定】

GMOクリック証券 クロス取引方法GMOクリック証券 クロス取引方法

GMOクリック証券の場合は、11の銀行から入金処理が行えるのでとっても便利です。

ネット銀行からの入金にも、またメガバンクからの入金にも対応していて、利用可能時間内に入金処理を行うと、すぐに入金額が反映されます。

出金元の銀行を選択して、「入金額」を入力したら「即時入金開始」ボタンを押します。

即時入金開始ボタンを押すと、選択した銀行の取引画面に移動するので、画面に従って手続きをしていきます。

 

2.株を信用売りで注文する

必要額を入金できたところで、取引をはじめていきましょう!

まず、信用売りの注文を行っていきます。

【画像2-①:注文画面の表示】

GMOクリック証券 クロス取引方法

「注文」ボタンを押します。

株講師
すべては注文ボタンからスタート!

 

【画像2-②:信用売りの注文画面】

GMOクリック証券 クロス取引方法

取引数量以外の項目はすべて画像の通り、入力していきます。入力後、「確認画面へ」というボタンを押します。

  • 取引区分:「制度」を選択
  • 売買区分:「売」を選択
  • 取引数量:取引したい数量を入力
  • 指値/成行:「成行」にチェック
  • 執行区分:「なし」を選択
  • 有効期限:「当日」を選択
  • 取引暗証番号:証券開設時に設定した暗証番号を入力

 

【画像2-③:信用売りの注文確認画面】

GMOクリック証券 クロス取引方法

注文確認画面で注文内容が正しければ、「注文確定」ボタンを押しましょう。

 

3.信用売りで注文したのと同数の株数を、信用買いで注文する

株講師
あれ…買い注文は現物買いをするはずでは?と思いますよね!

信用買いで注文する理由は、現物で購入するよりも手数料が安いため。あとで、信用買いから現物買いに変更することが簡単にできます!

まだ取引になれていないという方は、現物買いをしてもOKです!

信用売りの時と同様に、注文ボタンを出していきます。

 

【画像3-①:信用買いの注文画面】

GMOクリック証券 クロス取引方法GMOクリック証券 クロス取引方法

※ここで現物買いの注文をする場合は、取引区分を「現物」に変えて、あとは全て画面通りに注文します。

  • 取引区分:「制度」を選択
  • 売買区分:「買」を選択
  • 取引数量:信用売で注文した時と同じ株数を入力
  • 指値/成行:「成行」にチェック
  • 執行区分:「なし」を選択
  • 有効期限:「当日」を選択
  • 取引暗証番号:証券開設時に設定した暗証番号を入力

売買区分を「買」にする以外は、信用売りの注文と同じように注文します。

入力後「確認画面へ」というボタンを押します。

 

★★現物買いの注文方法★★

上記の【画像3-①】の画面で取引区分は「現物」を選択します。他の項目はすべて画像の通り入力して注文すれば、現物での買い注文は完了します。

 

【画像3-②:信用買いの注文確認画面】

GMOクリック証券 クロス取引方法GMOクリック証券 クロス取引方法

注文確認画面で注文内容が正しければ、「注文確定」ボタンを押します。

株講師
これまでの注文状況を確認しておきましょう。

 

【画像3-③:注文履歴の確認】

GMOクリック証券 クロス取引方法GMOクリック証券 クロス取引方法

「保有/履歴」のメニューから、「注文履歴」のタブを開きます。

画面のように、売りと買い注文の2つの履歴が作られていること、注文内容が正しいこと(数量、取引区分など)を確認してくださいね♪

 

この続きの取引方法は、第二章の記事に続きます ↓

制度信用クロス取引の全手順

 

GMOクリック証券の口座開設はこちらから↓

お得に株主優待を手に入れるなら、取引手数料が最安値のGMOクリック証券は必須です♪

現物キャンペーンバナー

スポンサードリンク




  • この記事を書いた人

まりん

株主優待で安定して生活する方法をお伝えしていきます(^^☆

-優待クロス取引, 制度信用クロス取引
-,

Copyright© 株主優待 deリッチライフ , 2020 All Rights Reserved.